info@retriever-design.co.jp

目的を達成させるためのツールとしてのウェブ制作

みなさんはウェブサイト(ホームページ)をどうして作るのでしょうか?
またみなさんはウェブに何を期待されていらっしゃいますでしょうか?

弊社はウェブ制作を始めて13年目になりますが、ウェブを立ち上げる目的や理由はさまざまです。

  • 会社やお店を始めるから周知してもらおうと思って。
  • ウェブを24時間動ける営業マンにして、集客をしたいから
  • 人材不足を解決するためにウェブサイトが有効だと聞いたから。
  • 自社の仕事内容を外にアピールしたいから。
  • お金を生むウェブサイトが欲しいから。
  • いまどきウェブを持っていないと信用されないから。
  • みんなやっているから。

もっともっとあるのですが、みなさん様々な理由でウェブを立ち上げようとしています。

ウェブを立ち上げてうまくいった会社やお店もあれば、残念ながらうまくいかなかった方もいらっしゃいました。

うまくいった方は「毎日地味に更新していただけなんだけどね」と、とても謙遜されます。
一方うまくいかなかった方は「見た目が良くなかったのかな」とか「ネット広告を出さなかったからかな」や「SEO対策が良くなかったのかな」というように、小手先の武器のせいにする傾向があります。

弊社では「みんなやっているから」とか「いまどきないと恥ずかしいから」などのなんとなくの理由や、「いまよりもっと集客したい」とか「公開したらあとは来るのを待つだけがいい」といった具体性に欠ける目的を抱いている方はすべてお断りさせていただいています。

きちんとしたビジョンがあって、それに対して達成すべき目標が明確で、そのためにウェブをどう活用していくのか、をしっかり考える方のみ、弊社としてはウェブ制作を通じて達成すべき目標に、一緒になって取り組んでいます。

みなさまの実現させたい目標を達成させるため、弊社では初期段階からヒアリングやミーティングを重ねて、ウェブサイトが担う役割を明確にし、その上で必要な機能を洗い出し、仕様にまとめていきます。
この時点で目的達成へのブレはないので、そのあとのデザイン制作は比較的スムーズに進めることができます。
そして最終的に「ウェブサイト」というもので、公開(リリース)をします。

もちろんウェブサイトは公開してからが本当の意味でのスタートです。
弊社ではみなさまと二人三脚で、ウェブサイトの質を維持し、さらなる目標に向かってサポートしてまいります。

ウェブ制作の考え方について

新規制作

はじめてウェブサイトを持つという場合、大切なのは「達成した目的」を明確にすることです。
目的をブレなくすることで、公開後の運用への負担が大きく減ります。

リニューアル制作

新規で制作するよりも大変なのが、意外にも「リニューアル」です。
リニューアルで大事なのは「現状を客観的にかつ適切に分析」することです。

サイト解析

ウェブサイトの現状を正確に把握することはとても重要です。
弊社ではSEO対策に重点を置いたサイト解析をして、今後の計画を立案します。

Work Flow

1)ご相談

まずは弊社にお問い合わせください。
電話はもちろん、メールや問い合わせフォームをご利用ください。
その際、「依頼する目的」や「達成したい目標」など、ホームページを通してお客様が実現されたいことを具体的に教えていただけると、最適なお見積もりをすることができます。

下の「ヒアリングシート」をダウンロードして弊社にお送りいただいても大丈夫です。

2)現状診断(リニューアルの場合)

ホームページをリニューアルする場合、達成すべき目標をリニューアルで実現するため、現状のホームページについて診断を致します。

診断には「迅速診断」、「通常診断」と「精密診断」の2種類があり、以下のような内容で分析します。

◆迅速診断(無償)
・モバイルフレンドリー対応状況
・SSL(暗号化処理)対応状況
・サイトスピード診断

◆通常診断(有償・19,800円)
・迅速診断3項目
・アクセス数分析
・流入経路分析
・検索キーワード分析
・ユーザーの閲覧環境分析
・サイトコンテンツアクセス分析
・コンバージョン分析

◆精密診断(有償:49,800円)
・迅速診断3項目
・通常診断5項目
・具体的な改善ポイント提示

なお通常診断及び精密診断をする際は、現在利用しているサイト解析ツール(Google Analitics)のアカウント情報をご提供いただくことが必要になります。
診断が完了しましたら、診断レポートをお送りします。
精密診断の場合、具体的な改善点をまとめた提案書を作成します。

※ご提供いただいたアカウント情報は、診断完了後破棄致します。

3)初回打ち合わせ

ご相談内容、現状分析(リニューアル・希望者のみ)をしたのち、初回の打ち合わせを行います。
初回の打ち合わせに関しては、弊社の雰囲気もみていただきたいので、弊社制作室(東京都町田市)にお越しください。
最寄駅(JR横浜線成瀬駅)から送迎致します。またお車でお越しの際も駐車場がございますので、何なりとご相談ください。

初回打ち合わせでは、ヒアリングシートに基づいて、

  • ホームページで実現させたいこと
  • 公開する時期
  • ご予算
  • そのほかご要望

をヒアリング致します。

4)お見積・提案書作成

初回ヒアリングにてご提供いただいた情報をもとに、制作に関わるお見積もりと提案書を作成します。
お見積もりは弊社標準制作料金に基づいて算出致します。
また提案書には、企画の概要や目的実現のための施策概要を盛り込みます。

具体的な企画書については、ご発注いただいた後に作成します。
またお見積もりは最終制作金額ではありませんので、あらかじめご承知おきください。

5)ご契約

お見積もりと提案書の内容にご納得いただけましたら、ご契約の運びになります。
ご契約に際し、以下の書類をご提出・ご準備をお願いします。

  • 制作申込書
  • 支払い方法申請書
  • 反社会勢力でないことの宣言
  • 登記簿謄本(法人の場合)
  • 身分証明書の写し(代表者のもの)

上記のうち、登記簿謄本と身分証明書の写しは、弊社確認後返却致します。
登記簿謄本は写しではなく原本をご提出ください。

すべての書類が揃いましたら、弊社にて審査して契約書を作成します。
2通契約書を作成しますので、それぞれに捺印と記名をして1通をお手元に、もう1通を弊社にご返送ください。
*審査に通らなかった場合は、制作費用を前払い(現金もしくはクレジットカード)とさせていただきますのであらかじめご了承ください。

6)企画書の作成・承認

ホームページ制作にあたり、お客様が達成したい目的や目標に向けた、具体的な施策を盛り込んだ企画書を作成します。
それに基づいて、ホームページの構成や内容、SEO対策に関するキーワードやテキスト文章の提案、SNSとの連携も考慮に入れたキーワードなどを選定します。

作成した企画書をお客様にてご承認いただき、所定の着手金(着手金は契約書に記載)をお支払い頂いた後、制作作業に入りますので、ご承認後の変更は致しかねます。十分ご注意ください。

(作成するもの)

  • サイト企画書
  • サイトマップ
  • SEO対策用キーワードと説明文(校正済み)

7)素材準備

企画書に従い仕様が完成しましたら、以下の素材の準備をお願いします。

  • 校正済みテキストデータ
  • ロゴデータ(CI定義書があればなお可)
  • 写真、イラスト等画像データ
  • そのほか必要と判断したもの

なお以下については、弊社にて代行することもできます(別途費用)。

  • テキストライティング
  • 写真撮影

以上の素材を期日までにご準備ください。

8)制作&チェック

素材が揃いましたら、デザイン制作、ページ制作(WordPressなどのCMS組み込み)を行います。
弊社のテスト用サーバーもしくは、お客様にて契約されているサーバーに制作データを作成します。
出来上がった順にご連絡し、修正等のご指示をお願いします。

*なお修正はデザイン修正のみとし、テキストの修正はすでに校正済みのものを使いますので、お客様にて行っていただくか弊社にて有償で対応致します。

9)ご精算・納品

すべてのチェックと修正が完了しましたら、残金のご精算をお願いします。
弊社にて入金が確認できましたら、速やかにデータをお送りして、指定日に公開を致します。

写真撮影を申し込まれたお客様には1ヶ月後を目安に、写真データとフォトブックをお送りします。
ホームページ公開後、著作権譲渡を申し込みされたお客様へ「ホームページ著作所有権譲渡書」をお送りします。
*お申し込み時に著作権譲渡を申し込まれなかった場合は、有償にて譲渡致します(54,000円)。

10)その後

ホームページは公開してからが本当のスタートです。
公開してから効果的に活用するためには、検索エンジンに気に入られるようなホームページとして運用しなければいけません。
弊社では有償にて、以下の運用サービスを承っております。

  • ニュースの更新
  • ブログの記事作成(ライティングを含む)
  • SNSとの連携、更新運用
  • メルマガの作成
  • ブログ記事を編集して出版

日々積み重ねていくコンテンツ(ページ)をどのように活用していくかが、お客様の目的達成のポイントになりますので、作って完成したら終わりではないということをご理解いただければ幸いです。

業種別ウェブサイトの考え方

飲食業

飲食業は「多くの言葉よりも1枚のビジュアル要素」が最重要ポイントです。
そのためには、クオリティの高い写真が必要になります。

塗装業

塗装というあまり表舞台に出て来づらい業種こそ、ウェブサイトの活用が重要です。
日本の塗装技術を世界に売り込む施策も考えていきましょう。

建築・建設業

建築や建設業の場合、難しい工法の説明よりもまずは「建設実績」をアピール。
いままでの作品をポートフォリオにまとめて発信します。