info@retriever-design.co.jp

企業やお店をダイレクトに伝えるアナログツール

今の世の中、ありとあらゆるものが「デジタル化」しています。
広告サイネージ、ウェブサイト、会社案内パンフレットの電子化、名刺の電子管理など、いままで印刷物でまかなっていたコミュニケーションツールもデジタルに変化していっています。

そんなデジタル化された世の中にいて、少し疲れてきたと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ウェブサイトから見る企業や店舗の温度は、人間の感覚として触れることができません。
人間の「触覚」を通じて、企業や店舗をダイレクトに感じることができるのは「印刷物」の他にはないと考えています。

名刺の質感、パンフレットの厚み、使用している紙の手触りなど、紙が奏でるメロディはそれぞれの企業や店舗のイメージとリンクしています。
そして少しずつですが、電子書籍もやっぱり本がいいよね、とか、パンフレットもウェブサイト上でPDFにしてダウンロードするのではなく、しっかりとした紙質で手にとっていただきたい、とデジタル化への考え方も変化しています。

また印刷物は企業や店舗の「ブランディング」を確立させるために、一番適切なツールと言われています。

オリジナルの名刺、パンンフレットはもちろんのこと、様々な大きさの封筒、レターパッド、来客用のコースター、カード類、クリアファイル、テープ、マスキングテープ・・・など、印刷できるものはすべてブランディングの施策として適切なものとなっています。

自社のブランド力を高めたいのであれば、ウェブサイトなどのデジタルツールを考える前に、まずは印刷物を考えてみてください。

企画から印刷はもちろん、入稿データだけの作成もOK

レトリバーデザインでは、印刷物の企画はもちろん、紙の選定や特殊加工のご提案、印刷データの作成、印刷会社への手配まで、すべてワンストップでご提供致します。また最近ではネットプリントが大変便利になり、それぞれのサービスに合わせた入稿データの作成も承っています。
印刷だけは自社で、というのであれば、ご利用されるネットプリント業者の仕様にしたがって入稿データを作成致します。

(対応サービス:グラフィック、WAVE、プリントパック、その他のネット印刷業者)

名刺からパンフレット、ブックや大判印刷など印刷物のすべてに対応

レトリバーデザインの印刷物制作は普段使う名刺はもちろん、ブックや大判印刷、特殊印刷など、印刷できるものはすべて対応しています。
箔押しやエンボスといった特殊加工、クラシカルな雰囲気の活版印刷、バーコード刷り込み印刷など、みなさまのアイデアを印刷物で形にしてお届け致します。

Work Flow

1)ご相談

まずは弊社にお問い合わせください。
電話はもちろん、メールや問い合わせフォームをご利用ください。
その際、「印刷物の種類」や「印刷物のイメージ」など、お客様が印刷物をどう活用されたいかを具体的に教えていただけると、最適なお見積もりをすることができます。

下の「ヒアリングシート」をダウンロードして弊社にお送りいただいても大丈夫です。

2)初回打ち合わせ

ご相談内容をお伺いしたのち、初回の打ち合わせを行います。
初回の打ち合わせに関しては、弊社の雰囲気もみていただきたいので、弊社制作室(東京都町田市)にお越しください。
最寄駅(JR横浜線成瀬駅)から送迎致します。またお車でお越しの際も駐車場がございますので、何なりとご相談ください。

初回打ち合わせでは、ヒアリングシートに基づいて、

  • つくりたいもの
  • 納入する時期
  • ご予算
  • そのほかご要望

をヒアリング致します。

3)お見積・提案書作成

初回ヒアリングにてご提供いただいた情報をもとに、制作に関わるお見積もりと提案書を作成します。
お見積もりは弊社標準制作料金に基づいて算出致します。
また提案書には、企画の概要や紙質、加工のご提案を盛り込みます。

具体的な企画書については、ご発注いただいた後に作成します。
またお見積もりは最終制作金額ではありませんので、あらかじめご承知おきください。

4)ご契約

お見積もりと提案書の内容にご納得いただけましたら、ご契約の運びになります。
ご契約に際し、以下の書類をご提出・ご準備をお願いします(初回のみ)。

  • 制作申込書
  • 支払い方法申請書
  • 反社会勢力でないことの宣言
  • 登記簿謄本(法人の場合)
  • 身分証明書の写し(代表者のもの)

上記のうち、登記簿謄本と身分証明書の写しは、弊社確認後返却致します。
登記簿謄本は写しではなく原本をご提出ください。

すべての書類が揃いましたら、弊社にて審査して契約書を作成します。
2通契約書を作成しますので、それぞれに捺印と記名をして1通をお手元に、もう1通を弊社にご返送ください。
*審査に通らなかった場合は、制作費用を前払い(現金もしくはクレジットカード)とさせていただきますのであらかじめご了承ください。

5)企画書の作成・承認

印刷物制作にあたり、お客様のご要望や、加工等の仕様を盛り込んだ企画書を作成します。

作成した企画書をお客様にてご承認いただき、所定の着手金(着手金は契約書に記載)をお支払い頂いた後、制作作業に入りますので、ご承認後の変更は致しかねます。十分ご注意ください。

(作成するもの)

  • 印刷物企画書
  • 制作スケジュール

6)素材準備

企画書に従い仕様が完成しましたら、以下の素材の準備をお願いします。

  • 校正済みテキストデータ
  • ロゴデータ(CI定義書があればなお可)
  • 写真、イラスト等画像データ
  • そのほか必要と判断したもの

なお以下については、弊社にて代行することもできます(別途費用)。

  • テキストライティング
  • 写真撮影

以上の素材を期日までにご準備ください。

7)制作&チェック

素材が揃いましたら、印刷用データを作成します。
作成した印刷用データは、PDF形式に変換し、メールでお送りします。
出来上がった順にご連絡し、修正等のご指示をお願いします。

*なお修正はデザイン修正のみとし、テキストの修正はすでに校正済みのものを使いますので、お客様にて行っていただくか弊社にて有償で対応致します。

8)ご精算・納品

すべてのチェックと修正が完了しましたら、残金のご精算をお願いします。
弊社にて入金が確認できましたら、印刷会社へ入稿データを送付し、納入予定日をご連絡致します。

*納品は印刷会社からお客様の指定住所へ直送します。

製品別印刷物の考え方

ビジネスツール

名刺、封筒、パンフレットなど、ビジネスに必要なツールを統一したデザインにすることで、「ブランディング」を実現することができます。

塗装業

塗装というあまり表舞台に出て来づらい業種こそ、ウェブサイトの活用が重要です。
日本の塗装技術を世界に売り込む施策も考えていきましょう。

建築・建設業

建築や建設業の場合、難しい工法の説明よりもまずは「建設実績」をアピール。
いままでの作品をポートフォリオにまとめて発信します。