ホームページ制作のレトリバーデザインの社長が綴るブログ

自社サイトのリニューアルをロジカルに進めてみる(5)

RD CEO Magazine / リニューアルプロジェクト  / 自社サイトのリニューアルをロジカルに進めてみる(5)

自社サイトのリニューアルをロジカルに進めてみる(5)

〜基本設計を考える〜

しばらく時間が開いてしまいました。
というのもこの「基本設計」が思いのほか時間がかかったと言いますか、時間をかけて考えていたのがひとつの要因かと思います。
とはいえ、サイトを構築する上では最も重要な「基礎工事」みたいな部分になりますので、しっかりお伝えしたいと思います。

まずサイトを設計する上で、「HTML/CSS」で作成するのはもちろんなんですが、リリースした後にページを増やしたりするときに、HTMLをコーディングしてページを増やすのか、共通部分をパーツ化して中身だけコーディングする「一部CMS化」にするか、サイト全体を一括管理する「CMS」にするかで作り方も運用の仕方も大きく変わってきます。
それぞれ見てみましょう。

1)すべてHTMLで管理する場合
これは読んで字のごとく、HTMLというマーウアップ言語を使って、タグと呼ばれるコードを書きながらページを作っていく手法です。
WordPressなどのCMSがまだ発展してなかった頃、ほとんどのサイトはこの仕様を選び、更新作業は制作会社が担っていました。
HTMLはとにかく一字の違いでレイアウトが崩れたり、画面が真っ白になったりすることがあるので、自社内ではほとんど触らず専門家が触っていました。
メリットとしては直接コードや文章を記述するので、デザインの幅が広く、SEO対策にも大変効果的とされています。
デメリットは、1ページずつ作らなければいけないので、頻繁に更新する記事ものサイトには不向きです。

2)一部CMS化する場合
これは共通部品と言われる、ヘッダーのロゴがあるページ上部や、フッターと言われるページリンクやコピーライトなどを表示するページ下部など、全ページ共通で表示させたいものだけPHPという言語で記述し、中身の部分(コンテンツ)だけHTMLなどで作って読み込ませよう、という手法です。
1)よりはページの量産に向いていて、崩してはいけない箇所もレイアウトが崩れることはありません。ただ一部をPHPでパーツ化してしまうため、設定している内容と、実際に出力される内容が異なることがあるので、SEO的には若干難ありという印象があります。
また自分自身PHPに詳しくないので、新たに勉強をする必要があったりもします。

3)すべてCMS化する場合
CMSというのは「コンテンツ管理システム」と呼ばれている、サイト管理ツールなのですが、代表的なものに「WordPress」があります。
ページの増産が容易で、基本はブログ機能ですから、いつでもどこでも簡単に増産や修正などができます。
このブログサイトもWordPressで運用しています。
デメリットといえば、情報量が多くなって来たときにアクセスしたときのスピードが落ちたるすることで、訪問者をなくなく逃してしまうことがあることが挙げられます。
また使うプラグインという拡張機能によっては、さらに遅くなってしまうことがあり、GoogleのSEO指標の一つである「サイト表示高速化」を満たさないことがあります。

今回のリニューアルでKGIとしているのが

「リリースしてから半年以内に5件もしくはそれ以上の制作案件をサイト経由で受注する」

ですから、弊社の事業を知ってもらうということと、その技術的な裏付けになることを知ってもらうことで、弊社に興味を持ってくれそうな見込み客を集客するという導線を引き、KPIやKGIを達成していこうと考えています。
ということは、コラムを連載するという作業が発生しますので、リニューアルに際しては3)のすべてCMS化で構築し、ツールはいつも使い慣れている「WordPress」を採用することにしました。

一見簡単なようですが、意外とここまで結論を出すのに時間がかかるものです。
むしろこの部分はしっかりと時間をかけて決めていただければと思います。
ほかにもWixやペライチと言った無料のオンラインサイト制作サービスを利用したり、BiNDなどのサイト作成ソフトを使うのも選択肢の一つとしてはあると思います。
いろいろなツールを調べてみて、「自分が今後運用していくならば、何が一番使いやすいか」を第一にして選んだ方が失敗がありません。

次回はようやくメインの部分、画面構成に入っていきたいと思います。

Tatsuya Sasagane

レトリバーデザイン有限会社代表取締役。 法人営業、システムエンジニア、デザイナー、ネットショップマスターを経て2006年にレトリバーデザイン有限会社を設立。 「写真」を重点に置いたビジュアル重視のデザインで、多くのブランディングを手がける。 プライベートでは2児の父、家事は主に料理担当。子育てと家事、そして仕事の三足の草鞋を履いている。