ホームページ制作のレトリバーデザインの社長が綴るブログ

ウェブ制作会社はウェブ制作ソフトを使ってはいけないのか。

RD CEO Magazine / ウェブ  / ウェブ制作会社はウェブ制作ソフトを使ってはいけないのか。

ウェブ制作会社はウェブ制作ソフトを使ってはいけないのか。

こんにちは、笹金です。
今日は制作会社たるもの、制作ソフトを使って仕事をしてはいけないのか?ということをお話しします。

相手が望んでいるなら、それを叶えるのも制作会社の仕事

いままでいろんなウェブ制作案件に携わってきた中で、「更新は自分(自社)でしたい」という要望が多く寄せられます。
その中には特定のソフトを使いたいから、そのソフトで更新できるように作って欲しい、という要望もあります。

結果から申し上げると、

制作会社が制作ソフトを使うのは問題ない

という見解です。

制作会社は他の案件を並行して行いますので、それぞれの案件が今どういう状態かを把握しておかなければいけません。
そのためにコーディングは軽いエディターを使ったり、データ管理はgitHubを使ったりして効率よく制作を進めています。
ですからそれらを利用できない専用ソフトは、なるべく使わないというのが何となくの暗黙の了解になっている気がします(ただの思い過ごしかもしれませんが)。
しかもクライアントさんが望んでいるものであれば、それに合わせるのが制作会社の果たす責任じゃないのかな、と考えています。

ソフトでの制作に嫌われてしまったクライアント

4年ほど前に、千葉県のとある公団さん向けのウェブサイトを制作させていただきました。
その案件はエージェント経由のものだったのですが、制作条件に「LiVEを使用すること」というものがありました。
この条件で5〜6社声をかけたのですが、いずれも対応不可。
理由は「そんな重いソフトでJavaScriptばかり読み込ませて、CSSも共通化していないし、後が大変だから」ということだったそうです。
「それよりもWordPressとかMovableTypeがいいですよ。ちょっと勉強すればすぐに使えるようになりますし」と言われ、すべて断ったそうです。
そして私のところへご相談に来た、という経緯です。

私のスタンスとしては「相手が指定しているのであれば、それで作る」ことですので、二つ返事で受託しました。
そのときクライアントさんは「本当にありがとう。他社はみんな何かと理由をつけてやってくれないんですよ」と仰っていました。

私だって手探りだった「LiVE」

LiVEというソフトはデジタルステージ社が開発・販売しているホームページ作成ソフトです。
直感によるわかりやすいインターフェースで、簡単にウェブサイトを制作することができます。
もちろんスタイルシートなどもカスタマイズできますから、オリジナルデザインをLiVEで構築する、ということも可能です。

当時LiVEというソフトは知っていましたけど、まだその時は触ってことがなかったんです。
だから自分へのトレーニングという意味合いも込めて、自社で購入し、ありあらゆる機能に触れていきました。
未知のソフトは実際に触らなければわかりません。かつて上司だった開発チームのリーダーは、

『大丈夫、キーを押したって爆発なんかしないんだから』

と言っていました。
だから恐れることなく、どんどん触っていきました。
LiVEは直感で作っていく分、出力されるソースはJavaScriptが多く、またスタイルシートもページごとに自動作成されるので、スタイルシートのデータ数が増大します。
これが後々の管理の煩雑さになり、制作会社が避ける理由なんだろうと思いました。

でもLiVEで管理するのであれば、まったく問題ありません。
むしろそんなデータが自動作成されていたのか?ということすら感じさせないくらい扱いやすいソフトでした。

満足度100%の仕上がり

LiVEで制作すること、およそ2週間でサイトは完成しました。
クライアントさんも満足の出来になったようで、「これからの更新が楽しみです」とおっしゃってくれました。
エージェントも「まさかLiVEでここまでできるとは驚きです。普通に制作するのとほとんど変わりないですね」と驚きの様子を隠せない雰囲気でした。

その後もウェブサイトはしっかり活用されていて、LiVEでの更新を職員のみなさんでされていると聞きました。
久しぶりにアクセスしてみましたが、しっかり更新されていて、コンテンツも増えていました。
何よりも「楽しく」更新していることが画面を通じて見えてきたことに喜びを感じました。

ホームページビルダーだって、侮れません

ホームページ制作ソフトとして長年君臨しているのが「ホームページビルダー」です。
いまはジャストシステム社から販売されていますが、最新のバージョンではちゃんとおレスポンシブ対応になっていますし、日本人の感覚に合ったテンプレートも用意されていますので、まずは自分でやってみたい方にはオススメのソフトだと思います。

まずは自分でやってみるのも一つの選択肢

スタートアップや、まずは何かホームページを持たないといけない、でも予算はあまり割けられないのであれば、こういったソフトを使うのも決して悪いことではありません。
もちろん制作会社に依頼すれば、良いデザインで制作することはできます。
ただ自社のことを一番よく知っているのはみなさんですから、少しの時間で構いません、まずは作ってみる経験を積んでください。

ウェブの仕事をして20年近くなる私としても、ホームページ制作ソフトは使ってみる価値があります。
また今まで様々なホームページ制作ソフトを使ってきた経験からも、そう言うことができます。

Tatsuya Sasagane

レトリバーデザイン有限会社代表取締役。 法人営業、システムエンジニア、デザイナー、ネットショップマスターを経て2006年にレトリバーデザイン有限会社を設立。 「写真」を重点に置いたビジュアル重視のデザインで、多くのブランディングを手がける。 プライベートでは2児の父、家事は主に料理担当。子育てと家事、そして仕事の三足の草鞋を履いている。