採用するホームページ制作

自社で採用できる仕組みを入れたホームページ

媒体に頼らない、自社で採用するホームページ制作をお勧めする理由

1. 媒体への掲載費用が削減できる

企業の採用活動で最も費用がかかるのが「媒体への掲載」です。
自社で採用できるホームページを導入すると、まず媒体への掲載を見直すことができます。今では無料で掲載できる媒体が出現したり、特定業種に限定された媒体に掲載したりしているので、従来の媒体に掲載する必要性が薄まってきています。
自社の採用ホームページと無料で掲載できる媒体や、SNSなどを最大限に活用することで、欲しい人材を自社で採用できるようになります。

2. 採用のプロが正しい情報を伝えるライティングをする

採用の決めては圧倒的な「文章力」です。求職者は意外と文章を読んでいます。しかしただ文章をたくさん書けば良いと言うものではなく、見る環境に合わせた文章構成が重要です。特に今の求職者はスマートフォンで情報を収集しますから、スマートフォンで読みやすく伝わりやすい文章にしなければいけません。
当社には元人材採用会社のライターが専属でお客様のライティングを担当します。二十数年の知識と経験を持つプロのライターが、お客様の採用情報や魅力などを正しく的確に伝えます。

3. 生き生きとした自然な表情を見逃さない卓越した写真撮影

当社のパートナーにはプロカメラマンも数名所属しています。カメラマンに求めるのは「一期一会の表情を的確に捉え、良い表情を仕留める」ことです。
人物の撮影は「こういう表情が撮りたい」とか「こういうポーズが欲しい」という現実とはやや離れたオーダーが来ることがよくあります。
当社はそういった作られた写真ではなく、普段の動きの中でポイントになるところを的確に捉えます。少し表情が硬いときはカメラマンやディレクターがサポートしたり、集合写真ではスラックスの裾や小さいゴミなどを丁寧に直す気遣いも忘れません。

採用ホームページは「人材の確保」と「入社までの定着」を目標に

企業がWebで採用活動をする範囲は「人材確保」と「入社までの定着」です。
採用活動をするにもまずはエントリー、つまり「集客」ができなければ先に進めることはできません。集客をするには「集客するホームページ」をお読みいただき、採用するホームページについてはその先の目標についてご案内します。
当社では採用のプロフェッショナルと考案した「採用戦略モデル」を元に3つの目標段階を設定し、それらの目標段階で必要な施策を講じた採用ホームページ(採用サイト)を制作しています。

採用戦略モデル

採用ホームページの場合、ウェブで実現できる目標は3つあります。
目標1のアクセス数は、「集客するホームページ」の目標1と同じ施策をします。
続いて目標2の「人材確保」では、特にエントリー落ちを最大限減らすためにエントリーフォームとコンテンツの2点に絞って企画・実施・検証を繰り返し、有効エントリー数を増やします。
特にコンテンツの部分については、求職者にとって本当に必要な情報なのか、Googleアナリティクスでサイト解析を行い、アクティブなコンテンツとそうでないコンテンツをしっかり見分ける必要があります。

そして意外と見落としがちなのが目標3の「入社・定着」です。
求職者が企業から入社の内定を受け入社するまでの間の期間は、不安でいっぱいです。
求職者はここで何をするかと言うと、企業研究する以上に企業のホームページやブログに多くアクセスします。つまり内定後の入社までの期間もコンテンツをしっかりアップデートしなければいけないのです。
もちろん入社までに会社の行動指針(クレド)を配布したり、社内報を配布したりしてモチベーションを維持することも良いですが、それでも手っ取り早いのは「ブログ」のアップデートです。
当社の採用ホームページは、単なる仕事紹介や社員紹介だけではなく、一つの企業メディア、採用メディアといったメディアとしての役割を与えます。

採用ホームページで重要なのは「文章」と「写真」です

採用ホームページではいかに読んでもらうコンテンツであるかということと、現場の空気感が伝わりやすいビジュアルの2つが成功のカギだと考えています。
当社では読んでもらうコンテンツは人材採用企業に長年在籍していた採用専門ライターが執筆します。求職者目線に立った文章で企業の魅力を伝えつつ、求職者が共感できる言葉を織り混ぜます。
またビジュアルとして「写真」がありますが、こちらも当社で長年協力いただいている人材撮影が得意なフォトグラファーが撮影します。
文章×ビジュアル×デザイン」の掛け算で、企業の採用ホームページを戦略的に制作します。

ウェブで採用活動をサポートするプロフェッショナルチーム

採用専門ライター 西谷 良造

フォトグラファー 深澤 明

映像クリエイター 山本 輔

デザイナー 笹金 達也

当社の採用できるホームページは1年後に自社で運用できるようになります

当社が制作するホームページは、いずれ当社の手を離れ、自社で運用ができるようにしています。
1年後に完全に「さようなら」ということではなく、あくまで主体はお客様、当社はトレンドやGoogleのSEO傾向などをお客様に伝え、もっと採用ホームページがよくなる施策をアドバイス・コンサルティングをいたします。
また自社で運営するための人員の確保や採用などのサポートもいたします。
なぜ1年後かと言うと、ホームページを運営した結果や今後の施策をする上でのデータは1年分が必要になるためです。
事業内容によっては季節の行事や需給バランスによって変動することもあり得ますし、思わぬ時期に成果が出たりします。
そういったことからまずは1年間じっくり取り組むことで正確な数字を計測することができます。
そして1年経過すれば、ホームページ運用のノウハウが蓄積し、自社の資産にも成り得るからです。

まずは1年、頑張って取り組んでいきましょう。

自社で集客できるホームページ制作「フォトリク」の費用目安:120万円〜300万円

採用するホームページ制作のお問い合わせ

採用するホームページ制作に関するお問い合わせは、下記フォームよりお願いいたします。

※確認画面は表示されません。「メッセージを送信する」ボタンをクリックすると、送信完了です。

レトリバーデザインのホームページ制作

ホームページで集客をしたい

当社は「自社で集客ができる」仕組みを取り入れたホームページを制作しています。広告に頼らなくてもきちんとした目標と明確なターゲットに当てた戦略で集客できるホームページに育てます。

集客するホームページ制作

ホームページで採用をしたい

採用活動はホームページがなければ何も始まりません。採用のプロが監修する採用サイトで、欲しい人材にピンポイントでプローチすることができます。もちろん内定後のフォローもウェブ技術で実現できます。

採用するホームページ制作

ネットショップを始めたい

これからネットショップ市場は拡大します。shopifyを使って短期間でネットショップを開設して管理はshopifyにお任せ。商品開発や仕入れ、プロモーション活動に集中することができるようになります。

shopifyで始めるネットショップ

Copyrights (c) by Retriever Design Inc. All Rights Reserved.