ホームページ制作のレトリバーデザインの社長が綴るブログ

間違いだらけの社長ブログ

間違いだらけの社長ブログ

こんにちは。
先週『「会社ご近所グルメブログ」は読み手の心に響かない』というテーマで、情報発信についてお話をしました。
今日はその具体的なコンテンツの作り方についてお話しします。

自社ウェブサイト活性化のツールとしての「ブログ」

自社のホームページを活性化させるために、「ブログ」を書くことが多く採用されています。
もちろん私の会社も、このブログを通して「レトリバーデザイン」という会社がなにをやっているのか、日々何を考えて仕事に取り組んでいるのかを、多くのみなさんに向けて発信しています。
みなさんの会社のウェブサイトにも、ブログが設置されているのではないでしょうか?
スタッフブログ、役員ブログ、そして社長ブログ。

影響を受けたCA藤田社長のブログ

社長ブログはブログが流行りだした頃(もう10年くらいになります)から、毎年注目を集めるジャンルの一つです。
そりゃ一企業の社長が書くブログですから、それを読むだけでなんとなくその会社の社長との距離が縮まりそうな気がするからです。
(人によっては勝手に友達と思ってしまうこともあるんじゃないかな、と思います)

インターネット広告代理店大手であるサイバーエージェント社の藤田社長のブログ「渋谷で働く社長のアメブロ」は、長年に渡り多くのユーザーに読まれている社長ブログです。
私もよく読んでいます。そして少なからず藤田社長の経営に対する考え方に影響されている点もあります。
藤田社長のブログはカテゴリーが幅広く設定されていますが、特に経営分野については「こんなことまで話していいの?」というくらい、自社の経営について赤裸々に綴られています。

社長ブログは趣味のブログじゃない

そんなことから10年前くらいから「社長ブログ」を始める経営者(特に中小企業)が多くなり、いろんなところから似たようなタイトルのブログが乱立しました。
「新宿で働く社長のブログ」「恵比寿で働く社長のブログ」といったように「○○で働く社長のブログ」というタイトルをつけるブログもたくさん立ち上がりました。
その頃ブログメディアについて研究していた私は「どういうブログが興味関心を惹くのか」というテーマを掲げてブログを見て回りました。
もちろん私一人では大変なので、何人か知り合いにお願いしました。
だいたい200〜300くらいの社長ブログを見たでしょうか、そこで興味深い共通点を見つけ出すことができました。

「社長の趣味のブログは、興味がない」

興味のない社長ブログの一例です。

  • 社長のグルメレポート(今日の一品)
  • 社長のゴルフレポート(90のカベ)
  • 社長の釣りの釣果レポート(マグロを追って・・・)
  • 社長の出張レポート(ご当地グルメ紀行)

さあどうでしょう?
みなさんも何となく思い当たる節があるのではないでしょうか。

社長の趣味やゴルフの日記は、正直興味関心がありません。
とは言え、先出の藤田社長や楽天の三木谷社長、堀江貴文さんが趣味の記事をアップしても、興味関心は集まります。
それはみなさんが「有名人」だから。
つまりそのほかの中小企業の社長は、メディアなどに出て有名人にならない限り、趣味の記事をアップしても意味がありません。
「プライベートでは何をしているんだろう?」と有名人であるからこそ、その部分をちょっと覗いてみたい、という心理が働くので、有名な方が趣味のブログを書いても良いんです。

社長ブログは素直に正直に書こう

つまり私を含め中小企業の社長ブログは、趣味やグルメではなく、普段の自社経営に関することや、これから何かやりたいことなどを「素直」に「正直」に書くことが大切です。
みなさんも同じかと思いますが、新規で取引する相手や、新規営業をかける相手のことを知るのに、ウェブサイトを必ずチェックしますよね。

その中に「ブログ」があれば、当然見ると思います。
ブログを見る目的は「この会社は何をしているのか?」ということを調べることだと思います。
そして社長ブログがあったら「この会社の社長はどんな人だろう?」と思い、クリックを進めます。
そのとき、グルメやゴルフばっかりの話題よりも、「今私はこういうサービスを考えている」とか「社員を定着させるための施策を考えている」といった経営に直結する話題や、社長自身のノウハウを発信していると、なんとなくもっと知りたいと思い始めてきます。

趣味のことはオマケみたいなもので、たまたま営業マンと趣味が同じであれば、そこを切り口にして話を進めることができる、という程度で必要条件ではありません。
そういったことから、なるべく趣味趣向に偏らないブログを綴ることが大事なのです。

みなさんも今一度、ブログを振り返ってみてはいかがでしょうか。

Tatsuya Sasagane

レトリバーデザイン有限会社代表取締役。 法人営業、システムエンジニア、デザイナー、ネットショップマスターを経て2006年にレトリバーデザイン有限会社を設立。 「写真」を重点に置いたビジュアル重視のデザインで、多くのブランディングを手がける。